アンチエイジング 美肌

年齢を感じるところは、なんていっても、顔。肌の衰えですね。鏡を見ると具合が悪くなるから見ないって方、いませんか。 それは、逆です。毎日しっかり自分のお肌をチェックする習慣をつけましょう。
衰えに対する対策は、早いほどいいのです。 毎日チェックしていたら変化がすぐわかりますね。

スポンサードリンク

肌のしわ対策

 鏡を見るたびに気になるしわ。

確かに年齢とともに深くなりがちですが、これも、毎日、少し手を加えるだけで、防ぐことができます。

気になる目尻のしわ、ほうれい線、首のしわなどは、マッサージで血行をよくし、リンパ液の 流れをよくするということを習慣にすると、目だったしわがつきにくくなります。

特に老けて見えるほうれい線は、頬骨に沿ってマッサージをします。

また、口角をあげるため、口を「え」の形にあけて、数秒保つ。または、割り箸を軽くかむなどすると、若い口元を作ることが できます。テレビを見ながらとか、「ながら」で、ちょっと口元の体操もしてみましょう。

肌は手をかけただけ、応えてくれます。でも、高い化粧品をいくつも使う必要はありません。

基本は、洗顔をしっかりする(ダブル洗顔)、間をおかず保湿、化粧水をたっぷりとつける、 そして、クリームや乳液をつけたとき、マッサージをしてあげる。 きちんと汚れを落とし、マッサージを続けていたら、しわも肌のくすみも自然に落ち着いてきます。


肌の深層部に働きかける、コラーゲンをサプリメントや食事でとることもお薦めです。

体の内側から、しっかりコラーゲンを補給してくれ、肌のたるみ、しわをしっかり予防してくれます。
コラーゲンを続けて摂取して、10歳は若く見られるようになってる方が増えています。

最近の研究から、名古屋市立大大学院で、 唐辛子の辛み成分「カプサイシン」が、肌の弾力性に効果があることが、 わかったそうです。
この成分を含む化粧品の開発が進められているそうです。
肌の引き締め効果があり、しわやたるみも減るそうです。
「肌年齢が10歳若返る」「カプサイシン」入り化粧品、 商品化が待ち遠しいですね。







 

   

アンチエイジング

Copyright (C) らくらくアンチエイジング対策All Rights Reserved.