アンチエイジング 脳の老化防止

誰でも、どんなに歳をとっても、痴呆症は避けたいと思っていますよね。それは、普段の生活で予防することはできます。
もちろん、病気にならないような規則的な生活習慣や、食生活は必要です。
それとともに、脳を活性化させるために、 身体を動かす趣味を持つ、人と会話をしたり積極的に外の世界と触れ合うということが、有効なようです。

新聞や雑誌でも、話題沸騰。続々と紹介されている脳の老化防止、認知症予防のサプリメントがあります!
記憶・学習障害を緩和する働きのあるフェルラ酸が、アルツハイマー病患者の認知機能の低下を抑える効果があるという臨床試験結果が発表され、認知症予防として、サプリメントフェルガードは現在、140を超える医療機関で採用されています。

スポンサードリンク

脳トレ

 最近は、脳トレグッズが大流行ですね。

大人の塗り絵や、大人の計算ドリル、漢字ドリルなど。

確かに手を動かして、字を書いたり計算したりするのも、脳のトレーニングには最適ですが、 人と接して会話したり、笑うという行為も脳のトレーニングに必要なんです。

とくに、「笑い」は、健康にいいということが、医学的にも立証されてきています。 老人施設でも、漫才や落語、さまざまなレクレーションを通して、笑いを日常の中にとり 入れています。
一日一笑〜笑う門に福来り〜

心の健康のため、脳のトレーニングのためにも、笑うという動作を意識して、 日常に取り入れていきましょう。


また、ラジオを聞くことも、脳トレに効果的といわれています。
脳に良くないことは、何も考えないことです。テレビを見ているから大丈夫という方が いますが、テレビを眺めているだけだと、前頭葉は眠ったままです。
ラジオは音声だけですので、脳が情報をとらえようとして、音からいろいろな場面を想像することで、 脳が活性化するので、脳トレに効果的です。
家事をしながらとかの「ながら聞き」も、同時に二つのことをすることが、 かなりの脳トレになるらしいですよ。生涯現役、家事も仕事も若い人任せにせずに、体が動くうちは、 自分のことは自分で行う努力は必要です。基本的に手を動かす、指を動かすということは、脳を活性化させるようです パソコンの得意な方なら、毎日ブログなどで日記を書くことも、キー操作に指をつかいますから、脳トレに最高です。 声を出すこともとても脳トレにいいですね。毎日新聞を読むとか、音読をこころがけるとよいでしょう。  

アンチエイジング

Copyright (C) らくらくアンチエイジング対策All Rights Reserved.