アンチエイジング 健康

家事や育児でいちばん忙しい世代の30代、40代、つい、自分の健康管理が後回しになっていませんか。
国を挙げてのメタボ検診がいよいよスタートしましたね。自分の健康を守るためです。体脂肪率、BMI値をしっかり意識して、健康管理に努めましょう。 この世代、癌やくも膜下出血など、さまざまな病気にいちばん気をつけなくてはいけないんです。 特に女性は、乳がん、子宮がん検診は、必ず毎年、専門機関で行うようにしましょう。 また、頭痛や、ひどい肩こりなどは、病気の前兆ということなどもありますから、一度は、病院で 診断をしてもらいましょう。
生活習慣病も、気をつけましょう。

おすすめ健康グッズ

◆遂に日本上陸!7秒で絶好調のミネラルサプリメント。12種類の生命のミネラル。ミネラルバランスが整うと肥満も解消!詳細はこちら

粉こんにゃくダイエットは粉こんにゃくの食物繊維で満腹感が得られらくらくダイエットができます。
◆ハリウッドセレブの新ダイエット法は、フーディアガムでらくらくダイエット
◆糖尿病・ダイエットのカロリー制限に全国宅配食材セット

スポンサードリンク

メタボリックシンドローム対策

メタボリックシンドロームとは、生活習慣病になるかもしれない状態のこと、 内臓脂肪がたまり、、動脈硬化や糖尿病になりやすい身体のことをいいます。
おもに体脂肪やBMI値が標準値を超えている方は、生活習慣を改める必要があります。 メタボ検診は、この数値と腹囲の基準値、男性85cm、女性90cmを超えた場合、 血圧や中性脂肪地などをみて、メタボと診断された場合、数値が下がるまで、医師の指導を受けることを 義務付けられています。メタボの烙印を押されると、自己管理ができない人と職場でも思われてしまうことも あります。

普段どんな食生活をしていますか?
  メタボリックシンドロームにならないためには、食生活のコントロールがとても大切です。 22時以降に食べたり、夕食をたくさん食べたりする生活をしていると、 どうしてもカロリー消費が少ないので、中性脂肪がつきやすくなります。

特に女性は、40歳を過ぎたあたりから、基礎代謝量が減ってきて、やせにくい身体になります。 また、更年期になって、閉経をともなうと女性ホルモンが減少してきて、コレステロール値が 上昇したりしますので、特に更年期の女性は気をつけなければいけません。

日頃から夜間の食べ過ぎをなくし、海藻や大豆など水溶性食物繊維を多く含む食事をして、カロリーコントロールを 心がけましょう。
果物は糖分があり食べ過ぎには、気をつけなければいけませんが、ビタミン・ミネラルが豊富ですよね。 その中でも、ミカンは幸福の果物になりそうですよ。
ミカンを食べれば、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防が期待できるそうですよ。 メタボ予防で力を発揮するのが、ミカンに含まれる「βクリプトキサンチン」という成分。 βクリプトキサンチンは、がんの抑制効果がもともとあるそうですが、 脂肪をつきにくくするということが、わかったそうです。 ミカンが健康を守ってくれそうですね。

足りない栄養素はサプリメントを上手に使いましょう。 少しずつでも、生活習慣を改善していくことが大切です。

それでも、なかなか自力で体重を減らすことができないという方には、エルセーヌがお手伝いをしてくれます。 プロの技を体験するのもいいですね。

ストレス・凝り・たるみ・むくみ は、早めに対処しましょう。自宅にいてもできるお助けグッズが、 10万本の大ヒット美顔器から生まれたボディ用プラチナローラー 、家族で使えますよ。

主婦は、特に自分の健康管理がいちばん後回しになりがちですが、一年に一度は、 健康診断を必ず行い、自分の健康状態をしっかり把握しましょう。 なにごとも早期発見が第一です。







 

アンチエイジング

Copyright (C) らくらくアンチエイジング対策All Rights Reserved.