アンチエイジング 筋トレ

老化防止のために足腰の鍛錬に筋トレが効果的です。筋トレを毎日少しずつ続けることが、将来寝たきりになるのを防ぎます。

おすすめ健康グッズ

ボウリングは高齢になっても続けられるスポーツです。 92歳から始められて現在99歳で毎日ボーリング場に通われている元気は高齢者もいます。
ボウリング日本トッププロボウラーのパーフェクトストライク上達法

スポンサードリンク

筋トレ

年齢とともに出てくる腰痛。これは、腹筋が衰えると起こりやすくなります。 足腰の弱りが、行動を規制してしまうということにもなりがちですので、 若いうちから、できるだけ、軽い体操や、ストレッチ、筋トレなど、身体を動かすことを、 毎日の生活に取り入れましょう。

また、よく起きるいきなりのぎっくり腰。 これは、中腰から起き上がるときの姿勢をいきなりではなくゆっくりと行うことで、 防ぐことができます。一度なってしまうと、繰り返しやすいし、第一、なってしまうと 一週間以上は、寝るのも起きるのも苦痛というくらいつらいものですから、気をつけましょう。

最近では、お年寄りでも、筋肉を鍛えることで、転倒防止やボケも予防できるということで、 自治体では、中高年の筋トレを健康教室などに取り入れて、積極的に進めているところも 増えています。


ウォーキングも、 筋トレシューズを利用すると、ウォーキングもかなりの 筋トレになりますよ。
筋トレシューズを使うと、カロリー消費量がかなり増えて、短距離でも、かなりの運動量になったりします。
最近の研究では、ウォーキングの方法次第で、かなりの筋力アップが見込めることわかっています。 インターバルウォーキングという方法で、速歩とゆっくり歩く方法を繰り返すそうです。 大股で速足で歩く速歩を3分、その後ゆっくり歩くのを3分、この繰り返しで、1日15分程度のウォーキングを毎日継続すると、 筋肉量が増えることがわかっているそうです。ウォーキングするときは、速足歩きをメニューの中に入れて、歩くようにしてみましょう。

また、脂肪燃焼を促進するためには、筋トレをしてから有酸素運動をするといいそうです。
毎日の生活では、筋トレを習慣にして、高齢になっても寝たきりにならないように、気をつけましょう。



   

アンチエイジング

Copyright (C) らくらくアンチエイジング対策All Rights Reserved.